menu

遺言書の相談は相続税税理士 | 相続税税理士に相談したい 遺言書

遺言書の相談は相続税税理士

遺言書を作成する時、何を書けば良いのかわからない方も多いかもしれません。
実際に生前に作っておくことが必要となる遺言書ですが、なかなか人生で遺言を残すことを経験することも少ないため、書く内容がわからなくなることが多いです。
そういう場合には、とりあえず相続税税理士などに相談するのはもちろん、弁護士や司法書士に相談するのが良いでしょう。
そうするだけで、安心して遺言書を作成することができるのではないでしょうか。
万が一ミスがあっては困るので、確認の意味も含めて、専門家に相談することは重要となります。

▼ 目次

遺言で特に重要となるのが相続

なお、遺言で特に重要となるのが相続についてです。
相続に関しては近年、財産や資産を持たない人も増えているので「まったくないよ」という人は悩む必要もありません。
しかし、住宅や土地などの不動産を持っている方や貯金などの現金をもっている方は、相続が必要となる場合もあります。
日本では「あげる」と言って簡単に手渡しすることが難しく、特に相続となる場合には相続税なども必要となってきます。
それらの試算も含めて相談しておきたいので、遺言書を書く場合には相続税の税理士に相談するのが良いと言えるでしょ
う。
そうするだけでも安心してメッセージを残していくこともできます。

ただ、遺言書に関しては、相続のこと以外にも考えておきたいこともあります。
相続については生前に相談しておき、それ以外のことで必要なことがあるのなら、より専門家にも相談して決めていくことが必要です。

相談は相続税税理士がベスト?

なお、相続税に関しての相談がある場合は、相続税税理士が強いです。
もともと税理士は税金の計算に慣れているので、そちらで相談してみるのも良いかもしれませんね。
実際に税金の計算などは素人には難しく、ミスしてしまうこともあります。
万が一計算が間違っていた場合は、相続税申告をする時に修正が必要となる場合もあります。
そうなると、残された家族や遺族の負担は大きくなっていくばかりです。
そうならないためにも、まずは専門家に対応してもらうようにしておいてください。
なお、税理士は色々な状況も考慮して計算してくれるので、例えば住宅や土地の評価額が変わってしまう場合にも対応してもらうことが可能です。

一番良い方法としては、生前に相談すべき税理士などを決めておき、自分が亡くなった後のことも任せておくということです。
また、家族にも「○○という税理士に相談している」と話しておけば、亡くなった後の処理もかなり楽になります。
亡くなってから残された家族や遺族に負担をかけないためにも、そういう点からも終活をおこなっておくのが良いかもしれません。

ただ、遺言書に関しては作成する本人も悩むことが多いですが、亡くなった後受け取った家族や遺族も迷うことが多いです。
そもそも遺言書は勝手に開封してはならないという決まりがあるし、そこに相続のことを書かれていても戸惑うことが多いかもしれません。
そうなった時にも、税理士などに相談してみることをおすすめします。
弁護士や司法書士に相談すれば、必要な手続きを進めてくれるので、残された家族や遺族の方で遺言書を見つけた場合は、とりあえず専門家に相談してください。

必要なことに関しては、すべて専門家に丸投げしてしまうというのも良いかもしれませんね。
相談できる内容に関しては、近年とても幅広くなっています。
相続税税理士と言えば相続税の相談しかできないと思っている方もいますが、その他の手続きなどについても聞けるし、相談できることも多いです。
そういう専門家の意見を参考にしておけば、かなり役立つことも多いのではないでしょうか。

特に遺言というのは残す本人はもちろん、残された家族や遺族もそうそう体験するものではありません。
何がどうなっているのか、その法律やルール、マナーに関しても知らないという方が多いでしょう。
だからこそ、専門の仕事があるのです。
弁護士に司法書士、税理士など頼りになるサービスは日本に溢れています。
そういう専門家たちの声を参考にしながら対応していけば、まずミスするということはありません。
十分に配慮してくれる専門家も多く、近年は相談できることも増えています。

また、相談に関しては初回だけ無料としているところもあります。
大抵は費用もかかりますが、それでも相談する価値は十分あると言えるでしょう。
遺言書のことで悩んでいる場合は、特に自分では判断できないこともあるかもしれません。
そうなった場合には、専門の相続税税理士などに相談して、解決への糸口を探してみてください。
そうすることで、より安心した生活を送っていくことができるのではないでしょうか。

遺言書でお悩みの方へ

まとめ

自分が遺言書を作成する場合はもちろん、遺言書を見つけたという場合にも対応してくれることが多いので、まずは相談してみてください。
ただ、すでに開封してしまったり、破棄してしまったり、トラブルや問題を抱えている場合はその事情を打ち明けた上で相談することが必要となります。

新着情報

遺言書では相続税税理士に相談

遺言書の相談先として、色々なところに相談しようと思っている方も多いかもしれません。
ただ、原則としては一貫して遺言書の作成から相続の内容まで相談したいため、あまりバラバラに相談しない方が良いと言えるでしょう。
そうすることで、より話もスムーズに進めていくことができます。
まずは、相談先も色々とあるので、その点を考えておくと良いのではないでしょうか。
≫ 続きを読む

遺言書の税理士相談で必要なもの

遺言書の税理士への相談の際、何が必要となるのかについて気になる方も多いのではないでしょか。
実際に遺言書の作成には、確認しておきたいことも多いですし、準備しておきたい書類もあります。
それらを正確に用意して初めて遺言書が作れるので、そこはしっかりと確認しておくようにしたいです。
≫ 続きを読む

遺言書は相続税税理士と書類集め

遺言書を作成するためには、相続税税理士などへの相談が必要となります。
ただ、知っておきたいのは何も準備せずに相談しても、税理士は困ってしまうということです。
もちろん、それが仕事なので税理士も必要なものを教えてくれるのですが、それだと余計に時間がかかってしまうことになるでしょう。
相談する前に、まずは必要な書類を集めておくようにしましょう。
そうすることで、より安心して遺言書の作成に進むことができます。
ここでは必要な書類をまとめて解説するので、しっかり準備を進めておきましょう。
≫ 続きを読む

遺言書作成の相続税税理士の報酬

遺言書の作成について、相続税税理士に相談しようと思っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、相談するのは良いものの、費用のことが気になっている人も多いはずです。
遺言書は作成しなければならないものですが、相談するのに多額の費用がかかるなら「諦める」という方も多いかもしれません。
そこで、ここでは専門家に相談した場合にかかる報酬について紹介します。
≫ 続きを読む