menu

生前贈与で相続税対策 | 相続税税理士に相談したい 遺言書

HOME » 税理士に相談 » 生前贈与で相続税対策

生前贈与で相続税対策

生前贈与という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
日本では本人が亡くなった際、相続する遺産があれば、それに対して相続税を課すシステムとなっています。
つまり、住宅や土地などの不動産、貯金などの現金を残す場合も税金が取られてしまうのです。
本来は国家が安定して経営していくために必要な税金なのですが、やはり沢山税金を支払わなければならないというのは、心苦しいのではないでしょうか。
そんな時には、生前贈与という方法が効果的な節税対策となります。

そもそも生前贈与とは何かというと、簡単に言えば「生きている間に財産や資産を譲りますよ」ということです。
そうすれば相続ではないので、相続税がかかるということもありません。
もちろん贈与の場合も贈与税などが必要となるのですが、相続税に比べて節税できる面も大きいと言われています。
そのため、贈与できるものに関しては、生きている間に贈与してしまうのが良いでしょう。
中には贈与が難しい財産や資産などもあるかもしれませんが、生前に贈与できる分をしておくだけでも、残された家族や遺族の負担は極力減らしていくことができます。

なお、これらの手続きに関しては素人がおこなうのは難しいでしょう。
その場合は、専門家に相談するのが良いです。
税金のことなら、やはり税理士などのスペシャリストに聞いてみるのが良いです。
基本的に税理士の場合はそういう問題にも慣れているので、対応してくれることも多いです。

また、税理士は税金だけに特化した専門家なので、その他に必要な相談がある場合は弁護士や司法書士に相談してみるのも良いです。
そうすれば、より安心かつ安全に贈与していくことができるでしょう。
ちなみに、生前贈与は本人が生きていないとできないので、早めに家族会議などを通して話し合っておくことが重要となります。
ぜひ、その点を加味して、家族と話し合う時間を作っていくようにしましょう。
意外とドタバタして時間がないかもしれないので、早めに行動に移すことが重要です。