遺言書作成は相続税税理士と準備

遺言書の作成について相続税税理士に相談する前に、準備しておきたいことも多々あります。
遺言書を作成するにあたって必要となるものも多いので、その点はしっかり確認しておくようにしましょう。

まず、最初に準備しておきたいのが、推定相続人の確認についてです。
遺言書で相続する人がいる場合は、その内訳などをしっかりと確認しておくことが必要となります。
特に長く生きていると、結婚や離婚はもちろん、妊娠や出産、死別など色々と人間関係が複雑化していきます。
もちろん、相続する場合、配偶者が優先され、その次に子供や孫という関係があります。
しかし、相続関係がない人もいれば、相続関係がある人もいるので、それらの確認をしておくことが重要となるでしょう。
まずは、推定相続人を確認し、自分が誰に相続するのかを決めておくことが必要となります。
次の準備としては、推定相続人の判定も必要です。
戸籍上の配偶者や子供、孫など色々と考えておくべきことは多いです。
また、本人の父母や祖父母、兄弟姉妹などについても判定として確認しておくことが必要となります。

それらを確認した場合は、法定相続分を確認してください。
配偶者は遺産の半分、子供のみの場合も半分、配偶者が存在していて子供がいる場合は、それぞれ折半して半分というように決められています。
法定相続分を確認して、誰にどれくらいの相続をすべきなのかを考えてみるのも良いです。
ただ、家族関係が複雑化していて、相続したくない人や相続できない人もいると思います。
その場合は、状況に応じて対応していくことが必要です。
まずはそれらの点も考慮して、専門家などに相談してみてください。
特に相続のことなら、相続に強い弁護士や司法書士、税理士に相談するのが良いです。

その他、準備としてやっておきたいのは、書類を集めるということです。
書類に関しては戸籍謄本や住民票の他、不動産の登記簿謄本、固定資産の評価証明書などが必要となります。
その他、貯金など現金の遺産がある場合は、そちらを明記した財産目録なども作成しておくと良いでしょう。
なお、実印も必要となるので準備しておいてください。
その他で必要なことは、専門家の支持を仰ぎながら準備を進めていくようにしましょう。