menu

遺言書作成の相続税税理士の報酬 | 相続税税理士に相談したい 遺言書

HOME » 税理士に相談 » 遺言書作成の相続税税理士の報酬

遺言書作成の相続税税理士の報酬

遺言書の作成について、相続税税理士に相談しようと思っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、相談するのは良いものの、費用のことが気になっている人も多いはずです。
遺言書は作成しなければならないものですが、相談するのに多額の費用がかかるなら「諦める」という方も多いかもしれません。
そこで、ここでは専門家に相談した場合にかかる報酬について紹介します。

まず、相続税税理士に相談する場合の報酬は、5万円〜10万円かかることも多いです。
相場によっては20万円ほどかかることもあるかもしれません。
遺言書などに関しては、行政書士や司法書士に相談する方も多く、そういう方に相談する場合は7万円〜15万円が相場となっているので、税理士に関してもそれらの前後になるということが多いのではないでしょうか。
これらの報酬に関しては、それぞれの専門家ごとに違ってくるので、一概には言えません。
中には初回の相談だけ無料にしているところもありますし、もっと安いところももっと高いところもあるかもしれません。
それは具体的に調べてみて、依頼してみるまではわからないことも多いです。

遺言書を書かないという方は良いですが、残された家族や遺族が困惑しないように、最後のメッセージというのはやはり残しておいた方が良いです。
特に相続するものがない場合は良いですが、相続するものがある場合はしっかり考えておくようにしましょう。
その他、弁護士などに相談するという方も多いかもしれませんね。
弁護士の場合は、相続の相談などで財産や資産が多い場合は、費用が高くなることも多いです。
相場としては20万円前後で相談できることもあれば、中には300万円前後かかるということもあるかもしれません。
遺産が多ければ多いほど手続きも複雑になるため、相談する費用はより大きくなっていくと考えておくと良いでしょう。

その他、遺言書作成の相談だけであれば、あまり高額な費用がかからない場合もあります。
ここで紹介したのは、あくまでも遺言書の作成を完全に依頼した場合の話となります。
極力自分で作るという場合は、費用も節約できるかもしれません。